葉酸サプリ摂取時の吐き気

葉酸サプリは基本的に安全性の高いサプリメントですが、まれに葉酸サプリを摂取したときに吐き気や食欲不振の症状があらわれたという報告があります。
これは葉酸の過剰摂取による体調不良と考えられており、大抵の場合一時的な症状で、しばらく静養することで症状は治まります。

 

厚生労働省は、妊娠を希望する女性の方や妊娠初期の妊婦さんにとって特に重要な栄養素である葉酸の不足を防ぐため、葉酸サプリで葉酸を毎日400μg程度摂取することを推奨しています。
しかし、葉酸は過剰摂取による健康被害が起こりやすい栄養素であり、一般に1000μgを超える量の葉酸を1日に摂取すると過剰摂取による体調不良が生じるリスクが高くなるといわれています。

 

具体的な症状としては、吐き気や食欲不振の他に、むくみ、発熱、蕁麻疹、呼吸障害などの症状に加え、お腹に赤ちゃん(胎児)がいる場合にはその赤ちゃんが将来喘息を発症するリスクが高まるとの研究成果もあります。

 

ほとんどの葉酸サプリは、1日400μg程度摂取できるように1日に摂取すべき目安量がパッケージなどに記載されているので、これを守って摂取している限りは過剰摂取になるリスクは非常に低いでしょう。
ただし、葉酸は緑色の野菜に多く含まれており、特に野菜を加熱せずに生の状態でたくさん摂取すると葉酸が体内に多く取り込まれるため、過剰摂取につながりやすくなります。
また、レバーや鰻の肝、うになどの食べ物には葉酸が多量に含まれているので、こうした食べ物を食べる日には葉酸サプリを飲むのを控えるようにするなど、自分で葉酸の摂取量を調節すると安心です。