葉酸は先天性疾患予防になる

葉酸はいつから飲むものなのか?
意外に基本的なことを知らない人も多いと思います。
これは個人的には、『いつ飲んでも良い』物だと思います。

 

ただし、『先天性疾患予防』というはっきりした目的があるのであれば、葉酸はいつから飲むほうが良いのかというと、妊娠3週目前後には飲んでおきたいですね。

 

先天性疾患の一つと指摘されている神経管障害は、妊娠3週目前後に発生しますので、この時期を逃してしまうと、意味がなくなってしまいます。
でも、葉酸の効能は、神経管障害の予防だけではなく、認知症の原因を軽減すると言われたり、造血作用による体調の改善が期待されます。

 

神経管障害の予防目的で飲む人は時期を気を付けないといけませんが、それ以外の人は、妊娠中から産後までずっと葉酸サプリメントを飲んでいて問題がありません。
それこそ、貧血気味のお子さんだったら、子供にもお勧めできます!

 

男性は薄毛の改善や前立腺がんの予防にも効果があると言われていますので、もしも妊娠中に葉酸サプリメントが余ってしまったら家族全員で飲んでしまうのもおススメです。

 

家族で飲めば、葉酸サプリメントが余らずに消化できるのですごく効率的ですね。
ただし、子供と大人では1日の摂取量に違いがありますので注意をしましょう。