妊娠中の虫歯とララリパブリック

妊婦が虫歯になりやすいって聞いたことがありますか?
妊娠中にはホルモンバランスが乱れてしまっていたり、食べ物の好みが変わってしまったり、食事が不規則になったりといった口内環境にも影響が出やすくなります。

 

では具体的にはどうして虫歯になりやすいのでしょうか。
まず、つわりによって歯磨きがしにくい、というのが挙げられます。

 

つわりの時には、どうしても歯磨き中に気分が悪くなってしまいます。
そのため、妊娠初期のつわりが酷い時には歯磨きをすること自体が辛くなってしまい、虫歯になりやすいです。

 

また、唾液の性質が変化するというのもあります。
妊娠中には唾液がネバネバした粘り気の強い状態に変化します。
さらさらの状態に比べると歯垢が溜まりやすくなって虫歯や歯周病を発症するリスクが高くなってしまうのです。

 

また、妊娠中には食べ物の好み自体が変化することがよくあります。
酸っぱいものや甘いものばかりを食べたくなることがありますので、そのような場合には口腔内が酸性になってしまい虫歯になるので注意しておくようにしましょう。

 

ララリパブリックの葉酸を摂取するのも重要ですが、虫歯予防についてもしっかりと考えておくようにしましょう。